注文住宅で強く美しい家をつくる│魅力ハウス計画大作戦

一戸建ての予算

一戸建ての建築費用の相場

一戸建ての新築住宅を建築するための費用は概ね2千万円程度が多いようですが、非木造建物の場合や設備によって大きく変動します。また、住宅を建築するための費用は、建物の建築費だけでなく、土地代や外構代など様々な経費がプラスされていきます。そのため、一戸建ての建築費の予算を立てる場合には、そのようないろいろな費用を考えたうえで、組まなければなりません。一般的に3千万円から3千5百万円程度の価格帯が相場と言われていますが、地域によっては、4千5百万円を超えるような建築費用になる場合もあります。建物本体の費用が一番大きなウェイトを占めているのは当然ですが、意外と大きいのが外構費用です。単純な工事であっても、土留めなどで大きな費用がかかるからです。

住宅設備にかかる費用の変遷

これまでの一戸建てでは、建物の材質や意匠などによって金額の差が生じていましたが、最近では住宅設備によって金額の差が生じるようになりました。それだけ、住宅における設備は進化しており、お金さえ出せば、様々な機能を持ったグレードの高い設備を設置することができるようになったのです。一戸建てにおける三大設備といえば、システムキッチンとユニットバスとトイレですが、いずれも、機能次第でピンからキリまであります。特にシステムキッチンについては、個人ごとの好みに合わせてオプションを選んでいくことで、どんどん価格が上がっていく仕組みになっています。色を選ぶだけでも、エレガントな色は高く、チープな色は安くなっています。このような設備による単価だが近年では大きくなっているのです。